So-net無料ブログ作成
検索選択

第3回産廃サミットに出展します [自然・エコロジー]

来月、9月7日(土)〜15日(日)に、sanpai_kaijo.jpg
プラス株式会社の赤坂ショールーム『+プラス』
開催される『第3回 産廃サミット』に参加、出展します。
(写真は前回の様子)


『産廃サミット』とは、
群馬県にある廃棄物処理業者株式会社ナカダイが主催する、モノの“使い方”を創造する日本で唯一の展覧会イベントです。 テーマは“廃棄物を言い訳にしないデザイン”。 (『第3回 産廃サミット』webより引用)

「使い方」を創造し、「捨て方」をデザインする
ナカダイに運び込まれる50t/日の廃棄物=マテリアルに新しい命を吹き込むのは、50人を超える、デザイナー、建築家、教授、学生、さまざまなジャンルのクリエイターたちです。 ナカダイに保管された数百種類のマテリアルは、すべて、“不要”と判断されたモノです。 そのマテリアルと向き合ったクリエイターが、今回の展示のために、マテリアルの可能性を表現しました。 モノの“使い方”を創造するクリエイターと、“リユース”“リサイクル”にこだわらない“捨て方”をデザインするナカダイが提案する新しいモノの流れとビジネスの形を、是非ご覧ください。 (『第3回 産廃サミット』webより引用)


第3回目を迎える今回も前回の第2回に引き続き、アーチスト、建築家、エンジニア、造園家など様々なクリエイター&デザイン系学生が参加するイベントに、プロダクトデザイナーとして参加します。
また、今回は個人としての参加以外に、地元前橋で活動しているインテリアデザイナー宝船敏紀氏と『宝島』というモノづくりユニットで参加します。
『宝島』の由来は、ユニットを組むインテリアデザイナー宝船氏と私の名前の一部の組合わせから来ていて、モノづくりのワクワク感を表現しています。
ストーリー性がありコミュニケーションできるものづくりをモットーとしていて、今回の制作が二人の初めての試みになります。

今回の展示会場は、自分がかつて製品デザイナー、企画開発の仕事で在籍していたオフィス家具メーカー・プラス株式会社の赤坂ショールーム。
その開発の仕事をしていた13年前にリサイクルの件で中台さんとお会いしていたことを考えると、不思議な縁を感じます。

IMG_0765s.jpg
手島個人での出展は、実際の消防車が消火作業に用いた使用済み廃棄の消防ホースと、ナカダイのマテリアルからプラスチックのカップを組み合わせて、プロダクトの姿に変えて展示したいと思います。



IMG_0589s.jpg
また、『宝島』からは、ホワイトボードの廃棄品、つまりコミュニケーションの役割を終えてしまったマテリアルを、ユニークなカタチに作り変えて、カジュアルなコミュニケーションのプロダクトに生まれ変わらせて展示致します。


まさに、『宝島』ならではの、「ストーリー性がありコミュニケーションできるものづくり」の具現化となります。


9月7日(土)〜15日(日)の9日間、ぜひ“新しいモノの流れとビジネスの形”を、是非ご覧ください。


第3回 産廃サミット
出展者情報
http://summit2013.nakadai.co.jp/




ブログランキング参加してます。 
ぜひ、クリックをお願いします!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ click!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。