So-net無料ブログ作成
検索選択
技術・テクノロジー ブログトップ

『ミニマル ファブ』が「グッドデザイン・未来づくりデザイン賞」を受賞 [技術・テクノロジー]

G2014_minimalfab3.jpg
去る、11月4日(火)、ザ・リッツ・カールトン東京において、2014年度グッドデザイン賞表彰式が行われました。




G2014_minimalfab2.jpg会場では、2014年度グッドデザイン賞を受賞した作品の中から、社会の課題に対する取り組みや、将来に向けた提案として優れたデザインと認められる「グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)」1点、「グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)」19点が決定し、


G2014_minimalfab4.jpg特別賞各賞「グッドデザイン・未来づくりデザイン賞(経済産業省商務情報政策局長賞)」20点、「グッドデザイン・ものづくりデザイン賞(中小企業庁長官賞)」14点、「グッドデザイン・地域づくりデザイン賞(日本商工会議所会頭賞)」3点、「復興デザイン賞(日本デザイン振興会会長賞)」2点の発表が行われました。

特別賞|2014年度グッドデザイン賞
http://www.g-mark.org/activity/2014/results.html

G2014_minimalfab1.jpgそして、超小型半導体製造システム「ミニマル ファブ」が、2014年度グッドデザイン・ベスト100に続き、特別賞「グッドデザイン・未来づくりデザイン賞」を受賞しました。

超小型半導体製造システム [ミニマル ファブ]
http://www.g-mark.org/award/describe/41814

まさに、半導体そして産業界の未来づくりを担う「ミニマル ファブ」にとっては、相応しいジャンルのデザイン賞であり、とても光栄なことだと思います。




ブログランキング参加してます。 
ぜひ、クリックをお願いします!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ click!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ミニマル ファブ』グッドデザイン賞 受賞展 に出展 [技術・テクノロジー]

IMG_1870s.jpg10月31日より、東京ミッドタウン内の各所にて開催中の『グッドデザイン賞受賞展/GOOD DESIGN EXHIBITION 2014』に、この度「2014年度 グッドデザイン賞」を受賞し、「グッドデザイン・ベスト100」に選定されました、超小型半導体製造システム『ミニマル ファブ』が、展示されています。


IMG_1901s.jpg
ベスト100をはじめ、今年受賞した様々な分野の作品が一同に見ることができるイベントですので、デザインに興味のある方は、お時間がありましたら、ぜひご覧ください。



IMG_1885s.jpg
グッドデザインエキシビション 2014(G展)
GOOD DESIGN EXHIBITION 2014
http://www.g-mark.org/gde/2014/index.html?locale=ja
会期:2014年10月31日(金) - 11月4日(火)
   11:00 - 20:00(最終日18:00終了)
会場:東京ミッドタウン内各所


- 東京ミッドタウン・ホール(ミッドタウン・イーストB1F):「グッドデザイン・ベスト100」特別出展
- 東京ミッドタウン・デザインハブ(ミッドタウン・タワー5F) :グッドデザイン賞展示
- 東京ミッドタウン・カンファレンス(ミッドタウン・タワー4F):グッドデザイン賞展示
- アトリウム(B1F)、キャノピースクエア(1F): 「デザインコミュニケーション」出展

IMG_1902s.jpg

ブログランキング参加してます。 
ぜひ、クリックをお願いします!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ click!



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ミニマル ファブ』が、2014年度 グッドデザイン賞「グッドデザイン・ベスト100」に選定されました。 [技術・テクノロジー]

この度、テシマ デザイン スタジオが、
gmark_u_gl_12s.jpg
ロゴ,マーク,オリジナルフォント等ビジュアルデザイン、
そしてminimal共通装置等のプロダクトデザインを手掛けました、
超小型半導体製造システム『ミニマル ファブ』が、
「産業用のサービス・システム」のカテゴリで、
「2014年度 グッドデザイン賞」を受賞し、
「グッドデザイン・ベスト100」に選定されました。

グッドデザイン・ベスト100
http://www.g-mark.org/activity/2014/best100.html

minimalfab_G1.jpg

超小型半導体製造システム [ミニマル ファブ]
http://www.g-mark.org/award/describe/41814





グッドデザイン・ベスト100は、2014年度グッドデザイン賞受賞対象の中でも、成熟分野での高度なものづくり、成長分野におけるデザインの可能性などの観点において、明日を切り拓く力をもつ、未来を示唆するデザインとして、審査委員会により特に高い評価を得た100件です。 2014年度グッドデザイン特別賞は、この100点の中から選出し、11月4日に発表します。 (グッドデザイン賞HPより)
-------------------------------------------------------------------------
minimalfab_G2.jpg
■ 受賞対象 : 超小型半導体製造システム
       『ミニマル ファブ』(minimal Fab)

 事業主体名: 独立行政法人産業技術総合研究所
        コンソーシアムファブシステム研究会
minimalfab_G3.jpg
 デザイナー : テシマ デザイン スタジオ 手島 彰 +
        (株)デザインネットワーク 二川真士



■ 受賞対象の概要
ミニマルファブとは、多品種少量および変種変量生産ニーズに適応できる、まったく新しい半導体生産システムである。ほとんど全てのデバイス1個のサイズをカバーする0.5インチ径ウエハを製造単位として、そのウエハに対応した幅約30 ㎝の共通デザインの筐体の装置群を開発し、かつ密閉搬送容器であるミニマル シャトルを用いた局所クリーン化技術でクリーンルームを不要とすることで、大型のクリーンルームを要する従来型のメガファブに比べて、製造設備投資額を従来の1/1000に抑える事が出来、地球環境対応と産業力強化の同時実現を目指す という特徴を持っている。
minimalfab_G4.jpg






また、「グッドデザイン・ベスト100」特別展示をはじめ、2014年度グッドデザイン賞1,258点を一同に展示するグッドデザイン賞受賞展(G展)が開催されます。

グッドデザインエキシビション2014(G 展)
会期:10 月31 日(金)〜11 月4 日(火)11 時〜20 時
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)

デザインに興味のある方はぜひ足を運んでみてください。


ブログランキング参加してます。 
ぜひ、クリックをお願いします!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ click!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミニマルファブ構想のデザイン/セミコンジャパン2010出展 [技術・テクノロジー]

minimal_kaijyou.jpg

12月1日から3日まで幕張メッセで開催された半導体
中心としたマイクロエレクトロニクスの製造を支える
装置・材料産業の、世界を代表する総合イベント
『セミコン・ジャパン2010』が開催されました。

minimal_souchi1.jpg
ブースのデザインにも大きく扱っていただきましたが、
その出展者である産総研コンソーシアム・
ファブシステム研究会『ミニマルファブ構想』の統一
ブランドロゴマーク[ minimal ]をデザインしました。
このブランドロゴは、研究会に参加している多くの組織
企業、各プロセス装置を製造する企業にとっての一体感
を生むためのもので、重要な役割を持っています。

また、産総研が提唱するそのミニマルファブ構想にminimal_souchi2.jpg
基づいて開発した、ファブの規模を1/1000に縮小する、
フットプリント30cm角のミニマル製造装置の装置筐体
のデザインもさせていただきました。

半導体製造の各プロセスの次世代技術が詰まった装置の
外観デザインを統一し、スタンドアロンでの用途、
また連続しての用途の両方を成立させるデザインは、
機能を成立させる範囲での最低限の造形に抑え、
そのデザインもまさにミニマルにとどめました。minimal_semicon_10w_j.jpg





ブログランキング参加してます。 
ぜひ、クリックをお願いします!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ click!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

ジャンプするロボット『ROPID/ロピッド』 [技術・テクノロジー]

最近では、Panasonicの電池EVOLTA/エボルタのロボットCMでも有名な
ロボガレージ代表ロボットデザイナー高橋智隆氏が、また新たなロボット
『ROPID/ロピッド』を公開。

今回は「飛んだり跳ねたり」の元気なヤツです。
すばやさを表す英語の「ラピッド」と、ロボットのことばを混ぜて、「ロピッド」。
いつものことながら、そのネーミングセンスもいいですね。
著書『ロボットの天才』で「鉄腕アトムにあこがれ天馬博士になりたかった」と公言しているように、胸を張って背中の反ったライン、肘を軽く曲げ、手足を大きく裾広がり、と元気のよいフォルムがロボットでありながらキュートな感じを出していて、どのロボットも高橋氏のらしさが発せられてます。
それと共に、目とボデイのカラーリング、ネーミングがそのロボットのコンセプトを表現しているところもとにかく秀逸。
今回のデザインで、特に着目したいのは、赤いサポーターのようなひざのデザイン。
「ジャンプをするロボット」ということが視覚的にもワンポイントで表現されています。
デザイナー、エンジニア、そして自らの手で作り上げる職人技、
そのクリエイティビティにいつも驚かされます。

ロボガレージ
http://www.robo-garage.com/top.html
『ROPID/ロピッド』の紹介
http://www.robo-garage.com/prd/p_00/index.html
 ※動画もここで見ることができます。

ブログランキング参加してます。 
ぜひ、クリックをお願いします!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ click!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

LEXUS LFAはヤマハのサウンド技術 [技術・テクノロジー]

23日から開催される第41回東京モーターショー。LFA1.jpg
ハイブリッドや電気自動車に負けじとスポーツカーも話題に上がっています。中でも、LEXUSから発表された2シータースポーツ『LFA』は、世界限定500台のスーパースポーツカー。
4.8リットルV10エンジン最高出力560馬力と、ハイブリッドで貢献したエコを打ち消してしまうくらい(笑)の、超ド級スーパーです。
そのエンジンのサウンド、スポーツ走行のポテンシャルも気になり動画を見てみました。



驚きました。
大きな音だけど、心地よい(スポーツカー好きにとっての話)LFA2.jpg
V10のサウンド。F1とか従来のスポーツカーのどれとも違うエンジン音。どうやら、LEXUSより提示されたサウンドの「ドラマチックサウンド」というコンセプトを元に、ヤマハのサウンドテクノロジー開発センターという部門がエンジンのサウンドデザインを担当したらしい。
http://www.yamaha.co.jp/news/2009/09102102.html
(このサイトでは、視聴もできます。)
「LEXUS LFA」が搭載する等間隔爆発10気筒エンジンはヤマハ発動機が開発に関与しているので、LEXUSとヤマハブランド(ヤマハとヤマハ発動機)のコラボレーション
かつてのTOYOTA2000GTを思い浮かべます。
走行シーンの動画では、外に響くエンジン音がほとんどなので、運転席で感じる空間的な「ドラマチックサウンド」はその幸運な限られたオーナーしか経験できない世界。きっとそのオーナーには、高級スピーカーのオーディオシステムで聴くクラッシック音楽以上に、コクピットで聴くV10サウンドが心地よく感じるでしょう。

ブログランキング参加してます。 
ぜひ、クリックをお願いします!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ click!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
技術・テクノロジー ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。