So-net無料ブログ作成

雑誌『ソトコト』SOTOKOTO 1月号 [伝統・工芸]

先日の『会津若松へ』のブログで紹介しました
会津漆器の取材の掲載誌が発売されました。cover_201201.jpg

ロハスピープルの快適生活マガジン
『ソトコト』SOTOKOTO
http://www.sotokoto.net/jp/
2012年1月号(No.151 12月5日発売)
『[特集]ベスト・オブ 社会をよくするお買い物』

「買ってうれしく、社会のために役に立つ」。 それはつくり手の「生活者」としての願い。そして買い手の「生活者」としてのこまやかな真心。これからのグリーンショッピングにはエコの観点にソーシャルの視点がミックスされることも重要です。本特集では、多様性を理解し、ソーシャルな立ち位置で活躍するソトコト的「生活者」が自分と家族、社会のためを考えて、プライベートで購入したおすすめのプロダクツを多数紹介していきます。 料理道具、家庭生活品、趣味のアイテム、ファッション、ビジネス、アート……かっこよくてかわいくて、長持ちして、ストーリーがあって、モノそのものだけでなく、企業の環境理念もしっかりとしていて。これはある意味、ソーシャルプロダクツのパーマネント・コレクション。 自分のために手に入れたい、あの人に気持ちを込めて贈りたい商品が満載です。東北復興企画も!

P.030、P.035ページで、『和黒朱肉入れ 復興版』sotokoto4.jpg
として紹介されているオリジナルデザインの朱肉入れは、
蓋の部分に金色の手まりが蒔絵で描かれています。

手まりは会津漆器でも良く用いられている蒔絵のモチーフ
ですが、この“復興版”手まりには金や朱の糸が
まだ巻かれていません。
「これから前を向いて、皆でカラフルな色の糸を巻いて行こう」
というメッセージを込めて“復興版”オリジナルのデザインとしました。
また、その糸を巻く前の芯の図柄は、まるでワイヤーフレームの地球儀の姿で、
「原発事故の問題は福島だけの問題ではない、誰もが当事者」
という思いも込められています。
sotokoto5.jpg
東北復興企画の中で、P.028から035にかけて紹介されている
『400年続く伝統。会津、復興のものづくり』特集で紹介
されている商品の一部は
『買って支援!』というソトコト特設サイトでも
期間・数量限定販売で販売される事となりました。
ぜひ、ご覧下さい。

買って支援!
ソトコト特設サイト期間・数量限定販売
http://www.sotokoto.net/aizu-product/
『和黒朱肉入れ 復興版』のところをクリックしていただきますと、
商品の詳細やメッセージがかかれたページとなります。



ブログランキング参加してます。 
ぜひ、クリックをお願いします!
にほんブログ村 デザインブログ プロダクトデザインへ click!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0